誰もが自分に素晴らしい価値があることに気づくと、世界はより美しくなる

エクスマ新春セミナーで伝えたかったこと

エクスマ新春セミナー2020無事終了しました。

余韻と心地よい疲れで、今日は夜までぼんやりしていました。
参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

たくさんの参加者さんが感想や気づきをSNSやブログで発信してくれています。
みなさんのSNSの投稿、Twitter、Facebook、Instagramで「#エクスマセミナー」をずっと見ていました。
それを見ていて、本当にいいセミナーだったと、あらためて感じています。

ボクがエクスマを通じてやってきた20年の歴史を振り返り、ボクの思想、変わらない大切なこと、変わらなきゃならないこと、エクスマで行動して人生やビジネスがうまくいった塾生さんのトークや事例。
自分で言うのも何ですけど、楽しいセミナーでした。
みなさん、それぞれの立場、それぞれの環境で、気づいたこと、響いたことが違うと思います。

オープニングアクトはボクの一人芝居でした。
投資マンションを売り込む営業の迷惑電話がかかってくる設定です。
その営業マンを逆に勇気づけるというお話。
あなたは何を売っているの?
マンションを売っているわけではない。
お客さまの、夢やより良い未来、そういう形のないものを売っているですよ。
これがあなたの仕事の大前提なんです。

そんな芝居からスタートしました。
どんなビジネスも、モノを売っているわけではない。
それが「体験を売る」というエクスマの基本です。

そして、ボクの思想である。

芝居のリハーサル中の様子

すべての人、誰もが、その人しかできないことをするために、この世に生まれてきている。
誰もが素晴らしい価値がある。

「あなたは悲しむために辛いことを耐えるために生まれてきたのではありません。好きなことをして、楽しく過ごすために生まれてきたのです」
「心配事の98%は取り越し苦労」
「常識を疑う、常識を逸脱すること」
「いつも笑顔で、不安、焦燥、悩みを、希望、楽しみ、穏やか、に変えていくこと」
「ともかくやってみよう、ダメだったら変えればいいのだから」

一人一人が、神様から素晴らしい役割をいただき、その役割を遂行するために「素晴らしい価値」を与えられている。
ボクはそう思っています。
みんなそのことに気づいて行動したら、世界は今より、もっと美しくなると思っているのです。

昨日はエネルギーを出し尽くしたみたいで、今日は本当に何もできない感じでした。
これから数日、落ち着いて振り返り、ブログに少しずつ書いていきます。

半分以上の方が、初めてエクスマセミナーに参加された方でした。
嬉しかった。

視点を変えて行動すること。
常識に囚われないこと。
心配しないこと。
あなたの未来が、心豊かに輝くことを祈っています。

本当に昨日はありがとうございました。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました