高度な情報のカスタマイズが「分断」を生む|現代人は一人一人別の世界を生きているようだ

情報が高度にカスタマイズされる危険性


先日、リベラルアーツを学ぶ「エクスマ学院」が終了しました。
ビジネスや仕事とは関係ないように見える、芸術、歴史、音楽、デザイン、映画などを学ぶ塾。
最終回の僕の話は、クラシック音楽。
クラシック音楽の歴史を俯瞰して見てから、覚えておきたい作曲家と代表作を実際に聴きながら講義しました。
楽しい時間でした。

クラシック音楽の講義をした



分断が進んでいるように思える現代社会には、リベラルアーツを鍛えることが、必要だと思う。

僕は今、コロナ禍で自粛生活をしている。
講義も塾もセミナーもオンラインでワンオペ。
家族以外の人とはほとんど会わない。
情報はSNSとネットが中心です。
でもね、それだけだと偏りが生じるのでテレビ、ラジオの報道も利用しています。

知らず知らずのうちに情報が偏り、自分にとって都合いい情報だけに囲まれていると、気持ちいいし、ストレスもない。でもね、とても危険なこと。
そういう情報の偏りが、世界の分断を生んでいくのですから。

エクスマ学院1期メンバー



エクスマ学院で講師をしてくれた女性向けの整体をやっている丹羽綾さんのFacebookの投稿がよかった。
<丹羽さんのInstagram

 

<丹羽さんのFacebookの投稿>



偏りとは不自由。
AmazonのリコメンドもSNSの広告も、私が好きそうなものを選んで私にオススメしてくれる、そんな便利な世の中です。
自分の好きなものに囲まれるのは心地良い。楽だし、なんのストレスも感じない。
でもね、それにどっぷり浸かっていると、いつの間にか不自由になる。なぜなら、決まった枠の中にハマっちゃうからね。無意識で狭くなっちゃうの。
自分が普段見ないもの。選ばないこと。触れないものに触れることは自分の幅を広げる。
ずーっと前にもどこかに書いたか、直接言ったか、忘れたけど、私にとって、藤村正宏先生は行ったことないところに連れて行ってくれる人。
今回の学院でも、色んな新しいことに興味が出ました。たぶん参加してなかったら、見もしない…
興味を広げることは、思考の偏りをなくし、思い込みから自分を自由にする…改めてそれを学ばせて頂いたエクスマ学院でした。
最終講で登壇させてもらったモテセミナー。
みんなに笑ってもらえて嬉しかった♡世の中、暗い話が多いけど、ちょっとでも笑っていたいなっておもってます!
でも、やっぱ、リアルで会いたいね。
そしたら乾杯しよう!そんでもって、ワタクシ、多分、例の写真のように酔っ払いますので、宜しくお願いします!笑



ネットの情報ばかりに触れていると、自分の好みにカスタマイズされた情報が多く出るようになります。
検索でもSNSでも、コンピューターに計算された結果を見ているわけです。
親友の2人が同じ場所で、Googleで検索しても、人によって結果が違うわけです。

それは、人によって異なる現実、事実があるってこと。

そんな状況で過ごしていると、皆が自分に同意してくれると勘違いする。
同じ意見しか見ないから、そんな情報の中にに陥れば、簡単に騙される人間になってしまう恐れがある。
もしかすると、世界の真実に気づかずに、強いられた現実を受け入れているかもしれないのです。

アメリカ大統領選を見ていると、情報の偏りの怖さがわかります。
トランプ大統領を支持している人たちは、バイデン陣営が選挙を不正にコントロールしていると信じ切って、議事堂を破壊することまでやってしまう。
大統領選は民主党が仕掛けた陰謀がある、という現実を生きているのです。
それは彼らにとっては真実なわけです。

今回のコロナウイルスでもありますよね。
「風邪程度のことだから、恐れなくてもいい」と信じている人。
「致死率はインフルエンザの14倍、症状がない若者でも感染したら後遺症が残る」という人。
そして、自分と違う考え方をしている人とは付き合わなくなるし、そんな情報は見なくなる。
さらに、自分の主張を裏付けるような情報を探して安心する。

結果、社会はどんどん分断していくのです。

自分の価値観と違うこと。
見たくない情報。
世の中の多様性。
そういった情報に触れることがとても大事なことなんだと思う。

そして、自分の主義主張を押し通さないこと。
「オレの言うことが絶対!」などと言ってる人の周りは、人工知能の奴隷になったような人しか集まってこないのです。

偏らない情報を見て、自分の頭で考え、発言して行動することが大事なこと。
そのために、意識的に、自分を客観視できる情報やリベラルアーツ(教養とも言う)にも触れることが大事です。
そうすると、自分が生きていた世界の狭さから、自分の思い込みから、自由になって解放されるのです。

ちなみに教養の英訳「リベラルアーツ」は「自由になる技」。

新春セミナーは1月25日

情報の偏りをなくすために、エクスマセミナーに参加してみてください。
今年はどんな一年になるのか? これから世の中はどうなっていくのか?
そのヒントになる新春セミナー。
今回はオンラインでやります。
2021年1月25日(月曜日)午後8時からです。

今日の時点で300名以上の参加申し込みがあります。
1週間後です。
まだ参加申し込み、大丈夫です!
詳細は以下のブログから読んでください。

【2021年オンライン エクスマ新春セミナー 1月25日(月)午後8時から
向かい風でも前へ進める帆を掲げよう!】

2021年  オンラインエクスマ塾101期募集

オンラインエクスマ塾、参加者募集しています。

新しい社会に対応できる会社になるために
新しい世界に適応できる人間になるために
新しい経済で生き残るために

ぜひエクスマ塾に参加してください。


詳細と申し込みはこのブログから見てくださいね。
企業の経営者だけでなく、フリーランスの個人の方の参加も大歓迎です。

オンライン エクスマ塾101期の募集中 変わりゆく環境に適応し、変化し続けるために(100期は満席になりました)

オンラインになったおかげで、今までスケジュールが合わないなどの理由で参加を躊躇っていた経営者の方々も参加してくれています。
ぜひ、今年こそはエクスマ塾生になって、エクスマのコミュニティに参加してくださいね。
あなたの参加をお待ちしています。

 

 

The following two tabs change content below.
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました