体験を売ることで、関係性ができる

SNS時代は「関係性」が商売繁盛のカギとなる

「体験」を売り続けていくと、お客さまとの間に「関係性」が生まれてくる。

本当にそう思う。

伊豆長岡温泉で、エクスマ塾の最上級クラス、個人の影響力を高める塾の合宿が終わりました。
とてもおもしろい塾だなって、毎回終わるたびに思う。
さまざまな特訓をします。
今回は個人が書いているブログのコンセプトを見直し、どういう記事を書けば、その人のファンがよろこぶか、というようなことを集中してやりました。
さらにTwitterで影響力を高めるために、どうしたらいいかを伝えて、実際に行動してもらう。
とても楽しい合宿でした。

ウルトラエヴァ合宿

ウルトラエヴァ合宿

毎回この塾をやっていて思うことがあります。
今回も、また思った。
それは「影響力が強い人は、自分以外の他人に関心がある」ということ。

だからTwitterのフォロワーの人のツィートがいいと思ったら、リツィートする。
ファボする。返信する。
お友達のFacebookの投稿に、いいね!をする。
コメントをする。シェアする。

自分がやられてうれしいことを、積極的にやることです。
だって、相手もうれしいから。

そうすると、相手もあなたとの距離が近いと認識してくれます。
そすすることで、関係性というのはできあがっていくのです。

これは当たり前のことですが、SNSやブログだけじゃなく、リアルの人間関係でも同じですよね。
影響力というのは、自分だけでは生まれません。
誰かがいて、その「関係性」で「影響力」が生まれるのですから。

関係性をいかに作っていくかというのが、一番の課題になるわけです。

モノでは関係性は創り出せない

これからの時代、「関係性」というのがキーワードになっていきます。
人は同じようなモノを買うときに、「関係性」の深いほうで買う。
そういうことです。

そして、エクスマの考え方だと、お客さまとの「関係性」が生まれやすくなるということです。

「モノ」を売っていると、関係性を生み出すことができません。
「体験」というのは、モノというよりコトです。
モノ以外の要素が入り込んでくる。
モノにまつわる物語だったり、人の思いだったり、素晴らしい生活だったり、問題解決だったり。

そういう「コト」が、関係性をつくりやすくするんです。

特に最近では、TwitterやFacebook、ブログなどのソーシャルメディアが普及してきました。
「エンゲージメント」という言葉で、顧客との関係性を重要視するようになってきている。

つながりの経済です。

でもね、関係性を重視したり、つながりを大切にすることは、昔からビジネスの基本です。今さらいうことでもありません。

この大激変の時代。
繁盛するためには、お客さまとの関係性を深めることが必須条件になってくるのです。
エクスぺリンエス・マーケティングの実践で、お客さまとの関係性を深めていきましょう。

モノにまつわる物語や思いを発信し続けて、お客さまとの「関係性」を構築する意図をもつことが、ビジネスで成功する必須条件になるのです。

スタッフとの関係性も重要になる

富士山001

伊豆長岡温泉は昼過ぎから、台風一過の素晴らしいお天気になりました。
スタッフとクルマで帰ってくる途中、富士山の不思議な雲が見えた。

そのままボクは福岡に出張でした。
直接、羽田空港までクルマで行きました。
スタッフも一緒に羽田空港まで来てくれた。
そして一緒に、夕ご飯を食べました。

つながりの時代においては、スタッフとの関係性も、とても重要なんだなって思うんです。
ボクのスタッフは、エクスマとボクのことが好きなんだなって思う。
ある意味、ファンになってくれている。
もちろん、ボクも彼らのことを信頼しているし、好きです。
だから、仕事がものすごく楽しいし、一緒に過ごす時間が大好きです。

気の合う仲間と、素晴らしいお客さま、そしてよりよい社会になるために貢献したいという意図。
それがあれば、ビジネスというのは泣きたくなるほど、素敵なことなんだ。

羽田空港のスイートラウンジで、ひとり思っていたのは、概ねそんなことだった。

スタッフと羽田空港で食事

スタッフと羽田空港で食事

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする