ベッキーの不倫問題でマス広告の限界が見えた

子供写真館には合わないけどね

ベッキーさんが不倫騒動でレギュラーのTV番組を次々と降板していますね。

ボクのお弟子さん、短パン社長がよく出演していた、フジテレビの「人生のパイセン」はどうなるのでしょうか。あの番組だけ出演していたら、絶対に視聴率20%超えすると思うけどな。
いいと思うけど、きっとやらないだろう。
それがマスの限界かもね。

短パン社長が出たTVのレギュラーだった

短パン社長が出たTVのレギュラーだった

企業のCMも中止になっている。
子供の写真館「スタジオアリス」も、ベッキーの画像をすべて削除しています。
アリスもかなりダメージを受けている。
だって、七五三の記念撮影をするスタジオですからね。
今回のことは、イメージダウンになっている。

ボクのクライアント、カメラのキタムラの子供写真館「スタジオマリオ」にとっては、最大のライバルですが、よろこんではいません。
逆にアリスさんにはがんばってほしいと思っているくらいです。
これはボクもキタムラさんの経営層もそう思っている。
子供写真館業界そのものの、イメージや発展に影響するから。

でもこの騒動でマス広告の限界が見えてきたような気がする。

企業のイメージをタレントに任せるのは危険

確信が生まれました。
それは

「有名タレントを企業のイメージに使うのは、危険」

そういうことです。

ベッキーがマスコミやウェブで叩かれているのは、彼女が清純なイメージで売っていたから。
好感度がいいタレントだった。
その期待を裏切られたから、これだけ叩かれるわけですよ。

不倫がいいか悪いかは別にして、好感度ナンバーワンイメージのタレントが不倫をしたことがダメージだった。
だって、いかにも不倫とかしそうな人だったら、これだけ叩かれない。
それどころか、逆にそのイメージが魅力になることだってあるでしょう。
たとえば沢×エリ×さんとか、宮××えさんとかね。
ベッキーにとっては、それは命とりだったわけです。

不倫の恋愛は社会的にはダメなのかもしれません。
でもね、人間ですから、そんな状況の恋になることだってあるわけです。
ボクはベッキーがそうなってしまったのはしょうがないと思うんです。
誰だって、そういう状況になることは否定できません。

ベッキーさんだけでなく、誰だってそうなる可能性がないとは言い切れない。
そして、それが今に時代、秘密にするのが難しいってこと。

SNS時代を甘くみないこと

今回もベッキーと相手のLINEが流出したわけですよね。
不倫報道があった後のやりとりさえ、流出している。
これは関係者の協力がなければできないことですけど、SNSっていうのはそういうことが起きること。
隠しきれない。

ましてや芸能人や有名人のように、常にウォッチされている人は、秘密が出やすくなるわけです。
目立つから。
シティホテルのバーで誰かと会っていたとか、そのバーのアルバイトの子がTwitterでしゃべるかもしれません。
実際に昔ありましたね。
どこで誰に見られているかわからない。

だから企業がタレントのイメージに、自社のブランドイメージを任せるのは危険っていうこと。キムタクがカローラに乗っていませんよね。
唐沢さんが奥様にキッチンリフォームをプレゼントしませんよね。
ジョージ・クルーニーが、安いビールを飲んでいないって。

そして、今は、普通の人のSNSの発信が数十万、数百万の人に拡散してしまう時代です。
SNSを甘くみないことです。

ベッキーさんは別にファンでもないし、身内でもないから、別にいいのですけど、あまりにも叩かれ過ぎだとは思う。
別にいいじゃんね。
被害はCM契約していた企業です。
でもね。企業だって覚悟しなきゃ。
これからの時代は、こういうことが起きて当たり前と思わなければ、タレントを使う資格はないんじゃないかな。
そう思うんです。
誰だって人間なんだから。

それが嫌なら、有名人を使わないことだな。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする