SNSが殺したのは「マス」という概念

お客さまを「かたまり」として捉えないこと

20世紀のビジネスでは、人々を「マス(かたまり)」として捉えていた。
大量生産、大量消費、大量の同じ情報。
マスが世の中の主流でした。
企業活動も、マスをコンセプトに考えられていた。
人々を大きな「かたまり」と定義し、そこにCMを流し、顔の見えない人々に同じ商品を売っていた。

でも、実際はマスなんて世の中になくて、人間は一人一人、それぞれの人生をもって生活しているのです。

SNSが登場し、普及することでマスというものが機能しなくなっている。
SNSが本当に殺したのは「マス」という概念です。

商品情報は落書き

先日、ボクの塾生のアパレルの社長、奥ノ谷圭祐さん(短パン社長)が販売したTシャツが異常なほど売れているのを目の当たりにして、そんなことを考えていました。

短パンの落書き

まず、このイラストを見てください。
エクスマの塾中に、奥ノ谷社長がホワイトボードにサラサラと書いた落書きです。
Tシャツのようにも見えるし、なんかの袋にも見える。

keisuke okunoya 第18弾?
¥20,000
パックTee

彼はこれをFacebookにアップしました。
こんな感じです。

短パン落書き003_edited-1

商品はTシャツ3枚セットなんだけど、間違って、お茶のパックだと思った人もいた。

これが2日間で、460セット売れた。
金額にして920万円。

サンプルなし
展示会なし
素材もわからない
デザインの詳細もわからない
商品情報は落書きだけ

これは今までのアパレルビジネスでは考えられないことです。
どんなに有名なデザイナーでもデザイン画だけでは服が売れないんじゃないかな。
それがこんな落書きのようなイラストで、それも描くのに1分もかからなかったイラストです。

人と人とのつながりで「商品」が売れるという、「つながりの経済」になってきたことを実感します。

彼のことが好きな人がたくさんいるということ。
ファンのような人との間で、ゆるいコミュニティみたいなものができている。

彼は色々な意味で「目立つ」ので、けっこう妬まれたり、批判されることもあります。
言動が鼻につくという人もいるし、うざいと言う人もいます。
同業者からは「アイツはビジネスをなめている」と陰で酷評されている。
そういう酷評をしていた人たち、アパレルのナントカ組合に所属してる人達は、果たして今も彼をそう批判できるのだろうか?
だって、そういう人たちより、確実に実績を出しています。
安売りせずに、販促もせずに、服がめっちゃ売れている。

SNSをバカにして、「あんなものでお客と関係性なんて作れない。リアルで会うのが一番」とか「SNSなんちゃらとか言っているけど、そんなもので売上あがるわけない」とか「SNSで売っても意味がない」とか言っていた、業界のおじさんたちのほうが、よっぽど「ビジネスをなめている」のです。

人を批判する前に、実績を出すこと。
批判するのは実績を出してから。
というか、実績もないのに批判するその考えが、実績を出せない原因に気づくことです。
実績出せない人間は人を批判する権利はないのです。 

一人一人が個性ある人間

「つながりの経済」で成功するためには、お客さまをひとかたまりのマスで捉えるのではなく、一人一人個性のある人間として捉えること。
お客さまとの関係性が一番重要なのです。
SNSをやらないというのは、お客さまとの関係性はいらないと言っているのと同義語。
そんな時代が着々と近づいているのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする