「全国の皆さん」から「あなた」へ、シフトしよう

継続性がない情報は意味がない

スマホとSNSが登場して、マスの概念が崩壊しました。
昔はマスしか情報を届けることができなかった。
「全国の皆さん、こんな商品が新発売です」
「みなさん、新しい店ができました、来てください」
企業が一方的に、情報を流していく、それしか方法がなかった。

SNSはその世界構造を崩壊させました。
人々は自らメディアを持ち、自ら発信しています。
さらにその情報は、つながりの中で、どんどん伝播していく。
今までマスを利用しなければできなかったことが、個人レベルで可能になっている。

マスメディア、テレビなどは一度に何十万人、何百万人、と言う単位で情報を伝えることができるから、一見たくさんの人に見てもらえると思うかもしれません。
例えばあなたの店が、ワイドショーなんかに取材されたとします。
その反響がすごくあった。
数日は繁盛するかもしれません。
でも、テレビに取り上げられても、一時的なものです。
次の日にはもう、違う店が取り上げられ、昨日のことは忘れ去られます。

短パン社長のようにレギュラー番組を持っていて、毎週のように情報が流れているのなら、話は違いますけどね。
プレスリリースをいくら書いて、マスメディアに取材されても継続的に出ていなければ、意味がない。
継続性がないと、今の時代、情報としての価値はないのです。
人々が受け取る情報量が5年前とでは、全く違うのですから。

SNSの規模はマスを凌ぐ

そのSNSの中で、どう語られるかの方が、重要になっている。
だから、マスに取り上げられたら、そこからいかにSNSに来てもらい、ファンになってもらうかが大事です。

SNSというのは本当にすごいメディアです。
僕とつながっている人は、僕が理髪業の団体で講演したことも、新しいサングラスを買ったことも、スタジオでスクリャービンの前奏曲を聴いていたことも、家でキュウリを栽培していることも、知っているのですから。

SNSのつながりは、ちょっと見、狭くて少ないように思うかもしれない。
でもそれは表面的なところだけです。
確かに一人の人がつながっている人の数はそんなに多くないかもしれません。
平均すると200~300人くらいかもしれない。
それでもそんな普通の人がつながり合って、それが連鎖して次々とつながる。
そして、すごいのは、その一人一人が、発信しているということ。
一般の人の影響力は、とても大きくなっているのです。

SNSの規模感は、マスの規模をはるかに凌ぐほど大きい。

それを理解しないと、従来のビジネスの考え方を捨てられず、日々激しくなっていく競争の世界から抜け出せません。
いつまでたっても
そのうち衰退の道が待っています。

SNSがすごいってことを言っているのではありません。
世の中が激変しているから、今までのやり方でやっていてはダメだってこと。
その他大勢と同じになるってことです。

「全国の皆さん」を相手にするのではなく「あなた」に向けて。
そんなビジネススタイルを考えてみましょう。
それがヒントです。

参加者募集中の自主開催セミナー

【募集中】

全国の皆さんに向けたビジネスは、競争が激しくて疲弊していきます。
お客様ひとりひとりに発信して、ゆるやかな関係性を創りあげていくことが大事。
その気づきがたくさんあると思う。そんなセミナーです。

札幌エクスマセミナー6月29日(募集開始しました)

大阪エクスマセミナー6月22日(募集中)

エクスマ塾 85期(札幌)86期(豊橋)
(札幌はキャンセル待ち、豊橋はもうすぐ満席です)

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする