『ブルーシティ』 僕の人生を変えた一枚

「BLUE CITY」に一目惚れ

個人的にジャズのことを書きます。

ボクが高校生の頃だから、1970年代中ぐらい。
ジャズに出会ったのですけど、出会いのきっかけは、以前書いたから割愛です。
興味のある方は以下に詳しく書いていますから読んでみてね。

【5年後なんて誰も予想できない 〜即興経営をしよう】

そして、たぶん今までの生涯で、一番聴いているジャズの紹介です。
高校2年生の時、一目惚れしたアルバム。

日本のジャズベースの第一人者、鈴木勲さんの

「BLUE CITY」

このアルバムは高校2年の時(1975年)から現代に到るまで、何度も聞いています。
最初に買ったのはもちろんレコードです。
その後CDになってからも何度か買って、多分3枚くらいは持っています。
車の中でも聞けるように、車のオーディオにも録音済みです。

最初に影響を受けたモノって、生涯ついて回るのかなって思う。
今の自分の美学にも、影響があったと思う。
このアルバムを録音し他のは鈴木勲がニューヨークに住んでいた頃だから、ブルーシティというのは、ニューヨークのこと。
アルバムのジャケット写真もニューヨークだしね。

その後、ボクはニューヨーク大学に入学して(卒業はしなかったけど)、ニューヨークに住む。その時にも、このアルバムに入っている演奏を聴いていた。

今聞いても全く古くない。
1974年のアルバムですが、昨日演奏したと言ってもわからないくらいです。

以下の4曲の演奏が収録されています。

1. 身も心も
2. (8番街)45丁目
3. プレイ・フィドル・プレイ
4. ブルー・シティ

全ての演奏がカッコよくて、興奮する。

鈴木勲はベースの他、チェロも演奏していますが、とってもクール。
ピアノの菅野邦彦。この人がまたすごいノリノリのご機嫌なプレイをしている。
そして、なんとあの有名なギタリスト、渡辺香津美が参加しているのがすごい。
まだこの頃は20歳か21歳くらいだった。
神がかりなソロを披露してくれています。

3曲目の「 プレイ・フィドル・プレイ」での渡辺香津美の演奏は大好きだな。
5分40秒くらいにソロがあります。

僕の好きなジャズを知りたいというリクエストがあったので、あくまでも僕が好きなジャズ、初心者におすすめとかではない、ジャズを紹介しました。

また色々と紹介していきますね。

現在募集中のエクスマセミナー

6月29日の札幌のセミナーはキャンセル待ち。
以下のセミナーはまだ満員になっていません。

大阪エクスマセミナー6/22

東京出版セミナー7/6

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする