ビジネスだって面白がっていい|大激変時代のビジネス術

面白がって仕事をする 

成熟化社会になってきたんだなって思うのです。

美味しいエスニックのサンドを出していた店が、開店して半年くらいで、閉店していた。
美味しい物を出していたら、売り上げが上がって、やっていけるって時代じゃないんです。
居酒屋だって、洋食屋だって、ただ美味しい料理を出してたらお客が来てくれる、そんな時代じゃない。
美容室だって、技術が上手ければ、店が繁盛するかって、そんな甘い時代じゃない。
ファッションの店もショッピングモールに出店すれば儲かる、そんな甘い時代じゃない。

先日、Twitterであげた

「そもそも店の集客が減っていたら、売り場をいくら売れるようにしたって、どんなに売れるPOPを書いたって、意味がないわけです。 そう思うよね。」

黙って何もしなかったら、リアルの店舗は概ね、集客が悪くなっていく。

ショッピングモール内の出店より、退店の方が多くなったっていうニュースも流れて来ました。

さらに、今年、日本の小売の10%が通販になったのは知っていますよね。
AmazonやZOZOTOWNを中心に、ネット通販が伸びている。
服が人に合わせるZOZOスーツまで出て来た。
ネット通販は、これからも伸びるでしょう。

Amazonプライムビデオやネットフリックス、フールーなどのストリーミングサービスで、レンタルビデオ店の廃業が続いている。
今更、レンタルビデオ店で起業する人はいないはずです。

書けばキリがないほど、世の中の消費は変わりつつあります。
これから、もっと成熟化していく。

関係性とコミュニティがキーワード

でも、商店街とかには、昔から続いている飲食店ってありますよね。
何十年もお客様を集めている、蕎麦屋、洋食店、ラーメン屋・・・
やっぱりこれは、地元や地域の人との関係性なんだと思う。
その店を中心に、ゆるやかなコミュニティができている。

成熟化社会ではエクスペリエンス・マーケティングが有効です。
大切なのは関係性であったりコミュニティであったりするんです。
関係性というのを軸にすべて考えてみましょう。
商品やサービスに価値のあった時代は、もう終わったのです。
全ての商品やサービスが素晴らしい価値がある時代だから。

だから、企業の価値というのは、関係性(つながり)に宿るということ。
「つながり」が独自の価値になるのです。

「つながり」が独自の価値の時代、面白がって楽しい場を作っていくのが成功の秘訣です。
そこで働いている人たちが、楽しそうだと、それが伝わります。
人は楽しさを求めている。

それがSNSで拡散していく。
楽しさがSNS上で語られていく。

楽しく仕事をする時代

独自の価値を伝えて楽しく仕事をして、面白がって仕事をしたほうが仕合わせです。
どうせ人間は死ぬんだから。
「絶対」と言えるものはありません。
唯一、絶対って言える例外は、人間の致死率が100%だということです。

これは絶対です。

だったら、生きているあいだに楽しく仕事をしたほういいに決まっています。
苦しい仕事をして一生使い切れないくらいお金を儲けるのと、ある程度豊かな仕事ができてある程度楽しく仕事をするのと、どっちがいい? という話です。
どっちが仕合わせかといったら、楽しく仕事をするほうが仕合わせに決まっています。

だから、会社を大きくすることが目的ではないということです。
使い切れないほどお金を儲けることが目的はないということです。
もちろんそれが楽しいという人もいるから否定はしませんけどね。

でも、今は新しいビジネス社会になったわけです。
これからは楽しく仕事をすることが当たり前になる。
企業は儲けなきゃいけないから、楽しく仕事をして儲けて、それで身も心も豊かな暮らしができればいいわけです。

あなたは好きなことをするために生まれて来た

楽しく仕事をすると、不真面目と言われた時代がありました。
いまだに、日本人には、仕事= 苦行と言う概念があります。
一生懸命働いて成功すれば、仕合わせになるのではなく、仕合わせだからこそ成功する。今はそういう時代になっているんだと思う。

最初に、仕合わせになることを見つける。
そうすれば成功があなたを探してついてくる。

今の時代は仕事をすると言う概念が変わりました。
自分の好きなこと、得意なことで、世の中に貢献すること。
それが仕事をする意味なっている。

あなたは悲しむために、辛いことに耐えるために生まれてきたのではありません。
好きなことをして楽しく過ごすために生まれてきたのです。

現在募集中のエクスマセミナー

12月  6日 大阪エクスマセミナー
テーマ
 ロジックより感性が大事な時代になった。
 経営者やビジネスパーソンは感性や美意識が大事。
【このブログ記事から参加申し込みしてね】

12月25日 エクスマセミナー in 釧路 クリスマスセミナー

【12月25日釧路セミナーブログ】

2018年1月26日 エクスマ新春セミナー 東京

【新春セミナーはここから参加表明してください】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする