エクスマで活躍している人たち

コロナ禍という状況に対して新鮮な解釈をしてみよう! 

エクスマ塾生さんはどんな状況でもしなやかに、明るく、仕事を楽しむという視点を持っている人が多い。 それは心の問題でもあります。 状況をどう捉えるのか? 同じ状況でも苦悩だと捉える人もいるし、いい機会だと捉える人もいる。 エクスマの思想に触れていると、状況や環境や人間関係に対して新鮮な解釈ができるようになるんだと思う。 「コロナのせい」「政府のせい」「緊急事態のせい」など、自分の仕事がうまくいかないのを誰かのせいにしていると、決してうまくいくことはない。 一瞬うまくいったとしても、必ず同じ悩みが出てくるのです。
SDGs

SDGsが企業経営にも大きく影響する時代|あなたの思いを伝えよう!

SDGsを単なる流行として捉えるのではなく、しっかりと取り組むこと。 これからの企業活動にとても重要なことになってくるでしょう。 ある意味、アパレル業界は地球環境に悪いビジネスモデルを続けてきた。 新しい商品を作り、大量に売り、売れ残ったら破棄する。 それが1年のサイクルで起きている。 2019年のデータですが、日本のアパレルは新作の服を28億着作り、そのうち14億着が売れ残り廃棄処分になっている。 実に作った服の半分くらいが、廃棄処分になっているのです。 2020年はコロナの影響で、業界全体の売上で2割がなくなりましたが、売れ残ったものはたくさんあります。 これからアパレル業界は大変です。
今までのやり方を大きく変えなければ存続できないところも出てきそうです。 エクスマ塾生さんも、アパレル関係の人が多いから、とても心配。
エクスマ思考

仕事を遊びに変える|成功している人は仕事を楽しくする工夫をしている

楽しくない、面白くない、辛い、そう思って仕事をやっているのは、成功とは程遠い人生になります。 仕事を面白く、楽しくする工夫をしてみましょう。 何lかが変わるはずです。 でもね、どうしても・・・どうしても、今の状況で楽しくすることが無理だったら、転職、あるいは独立と言う選択肢を考える。 働くことに喜びを感じられなかったら、人生を無駄にしていると思うことです。 人生は、悲しい気持ち、辛い気持ちでずっと働き続けるほど長くはないのです。
エクスマ塾

サブカルチャーが世界を変えてきた|エクスマはマーケティングのサブカルチャー

エクスマはマーケティングのサブカルチャー。 でもね、サブカルチャーが世の中を変えてきたと感じています。 さあ、世界を変える旅に出よう! 不可能なことを目指す目的は? 可能なことばかりやつていたら、なんでも楽にできる。 楽にできるようになると、発信も楽になる。 不可能なことを目指すと、不可能と可能の境界がわかるようになる。 僕にとって、マーケティングはいつも、ひとりの人間であること。 常識を疑うこと。 マーケティングのルールブックを破り捨てよう。 そして新しい時代に羽ばたこう。 あなたは限りなく自由だ! 本気で、徹底的に取り組もう。
エクスマ思考

40年以上前のヒット曲が世界一のヒットになるわけ|どんな業界もテクノロジーの進化で新しい価値が生まれる

豊かな未来を構想するために 先週の土曜日2月24日、エクスマセミナーをやりました。 250人近くの方々の参加でした。 本当に土曜の夜にもかかわらず、参加してくれたみなさんに、心から感謝です。 Twitterの「#エクスマセミ...
エクスマ思考

スマホの奴隷になってない? 意図的にスマホから遠ざかることが必要な時代かもよ

現代人が忙しい理由は? ちょっと自分を振り返ってみてください。 スマホのLINEのアイコンの右上に赤丸で8とか数字が出たら、必ず見てしまう。 朝起きたら、まずスマホのニュースサイトを見る。 寝る時にもスマホをベッドに持ってい...
エクスマ思考

従来のマーケティングは終わったのかもしれない

マーケティングはある種のいかがわしさを内包している 朝、8時からクラブハウスにゲストとして招かれました。 そこでエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)のことを色々と質問されて、聞いている方々にも、好評でした。 聞いてくれたみ...
エクスマ思考

【大好評で終了】4月24日(土)午後8時 エクスマセミナー|大きな変化の波が来ている!真の「個人の時代」に向けて、今やっておくべきことは何か?

個人の時代は次のステージへ向かっている iPhoneの発売によってSNSが広く普及し、個人が自由に発信できるようになってから14年。 世の中が大きく変化しました。 プロとアマの境目もなくなった。 僕はSNSを始めた2010年...
エクスマ思考

コロナ後のビジネス環境 仕事は自分らしく自己表現をするということになる

コストの安い海外で大量にモノを作り、必要のないモノをたくさん消費させるような、そんなビジネスは、倫理面からも、限られた資源の観点からも、受け入れられなくなって来るでしょう。 大量消費時代が終わるのです。 そんなことしたら、世界の経済が回らなくなる。 そう思う人もいるかもしれません。 でもね、無限の経済成長が幻想だと気づいている人は結構多い。 全て形のあるものは「有限」です。化石燃料などの資源も、CO2を吸収してくれる森林も、発展途上国の人材も、無限ではないのです。だからロジックで考えたら無限の経済成長は無理だということ。GDPの基準だけで見る時代は終わる。 当然、働くということも変わってきます。 物質的な豊さを求める社会では、仕事は苦役でした。 やらなければならないことを我慢して、その結果として報酬をもらう。 それが仕事だった。 でもね、もう物質的な豊かさを手に入れた僕たち日本人は、数字だけで表される、無限の経済成長という嘘に踊らされないように、本当の仕事をしましょう。 その仕事をしているのが楽しい、嬉しい、やりがいがある。 楽しく仕事をしましょうくらいのレベルではなく、最大、マックスに仕事を面白がれるか。 24時間その仕事をやっていても、苦にならない、いつもワクワクする。早く仕事がしたくて、眠ることがもったいない。 各々が、そんな仕事をしていく時代になるのです。 だからもし、あなたが今の仕事が嫌だったら、嫌いだったら、辛かったら、我慢しているのだったら、いますぐ、ワクワクする仕事をする準備を始めることです。好きなことを仕事にする準備です。 仕事をするということは自分らしく自己表現をするということになってくるのです。
エクスマ思考

eコマース革命は始まったばかり|リアルの店舗が淘汰されないために提供しなければならないものは?

ほとんどの物は、ネットで買うことができる時代です。 それも翌日には配送され、価格も安い。 目的の本は、すぐに見つかるし、必要な商品もすぐに買える。 さらに今は、家にいる時間が長いから、ネット通販は便利です。 ますます、eコマースを利用する人が増えていくでしょう。 だって快適な自宅の環境から、スマホやスマートスピーカーを使って、簡単に欲しい商品が買えるんだから。 ますますeコマースの利用が増えていく。 Amazonに代表されるeコマースの革命は、まだ始まったばかりだと言えます。 それにより、たくさんの店舗を構える企業が破綻したり、たくさんの店が閉店するかもしれません。 そんな社会になったら、リアルの店舗は必要なくなるのか?
タイトルとURLをコピーしました