Twitterはビジネスに役立つか? もちろん、役立ちます!

最近Twitterがおもしろい

スマートホンの普及は目をみはるものがあります。
右肩上がりで増えています。

スマホを使うと、電話もしなくなった。
というか、スマホは電話じゃないですよね。
電話として使う時間は1%くらいじゃないかな。

SNSのデバイスとして使う。
ナビとして使う。
ゲーム機として使う。
カメラとして使う。
メッセンジャーとして使う。
などなど。

SNSもスマホの普及とともに当たり前に使うようになりました。

LINEなんかは、親しい友だちの間でコミュニケーションしたり、ゲームをしたり、拡がっています。
けっこう近い関係性の人たちとつながっています。

LINEをやる人が増えている一方で、Twitterのアカウントも増えています。
Twitterは、どちらかというと距離が近い人だけでなく、誰でも広く関係性が築けます。
見ず知らずの人ともつながることができる。
匿名でもOKだし、認証しなくてもつながれる。
スマートフォンとの相性がいい。
Twitterをする人も増えている。

Twitterは上手に使うとビジネスに役立つ

Twitterする人が増えているということは、そこに人が集まっているということ。
特に10〜20代の人がメインに使っています。
だから店や企業もその人たちとつながりたいと思う。
LINEのように友達関係の中に入り込むのは、なかなか難しいし、嫌がられます。
でもTwitterは比較的入り込みやすい。
そんなことでも、Twitter、盛り上がっているってことです。

相手を明確にすることが大事

先日、Twitterを始めたばかりの店の運用アドバイスをしました。
話していて、意外とみんな基本的なことを知らないということに気づきました。

企業や店舗がTwitterをする時のやり方をもう一度確認。

FacebookでもTwitterでもでもYouTubeでも同じ。
SNSをビジネスで活用するためには、誰に向けてどんな情報を発信し、どうしてほしいのかを明確にしなければなりません。

企業がSNSをやるときには(ビジネスとして使うのなら)、「誰に」を明確にすることが一番大事です。
どういう人とコミュニケーションしたいのか?
まず、それを決めることです。
目的と誰と付き合うかによって発信する内容も違ってきます。

お花屋さんだったら、お花好きの人や花の周辺情報に興味を持っている人かもしれません。
ビジネスの問題を解決する会社だったら、ビジネスで成功する気づきや、役立つビジネス本の情報などかもしれません。

相手が明確でなければ、あなたの情報を本当に届けたい人に届かないってことです。
フォロワー数が1万人いても、あなたの関係のないユーザーばかりだったら意味ないですよね。
あなたがコミュニケーションしたい人にフォローされているかを、いつも気にすることです。

そのためにまずは、あなたからフォローしてみましょう。
自分の店や商品、サービスに興味のありそうな人たち、あなたの情報に関心のある人たち、地域の店だったらその地域に住んでいる人たち。

そういう人をTwitter検索で探してみましょう。
Twitterの検索機能は、すごく優秀です。
関連キーワードを入れて探すと、たくさんの人が出てきます。
そういう人を自分からフォローしていくことです。
さらのTwitterの検索は、「おすすめユーザー」という、フォローしているユーザーと似たユーザーを表示してくれます。
そういうことをやっていくと、あなたの将来のお客さま候補とつながることができます。

どんなツイートがよろこばれるか?

次は、想定した人たちに、何を伝えるかということ。

Twitterでは、プロフィールの設定がとっても大事です。
ユーザーがあなたをフォローするかどうかを判断するとき、このプロフィールを読んで決める人が多いからです。
だから、どういう会社でどういう情報を発信しているかをわかりやすく具体的に書くことが大事です。
さらにあなたのブログやウエブページなども、しっかり表示すること。

ボクのTwitterのプロフィールにはこういうふうに書いています。

—————

藤村正宏

@exmascott

モノを売るな!体験を売れ!マーケティングコンサルタント藤村正宏です。
エクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)で集客、売上アップ。
ビジネスで成功する視点やSNS活用をアドバイス。
新刊著書発売中です。
ex-ma.com/blog/

—————
しっかりとわかりやすく、プロフィールを書きましょう。

<今朝のボクのツイート>

そして、あなたの想定したユーザーがどういうコトを知りたいのかを考えて、情報発信することです。
ツイート内容が同じ宣伝ばかりだったり、自動投稿ばかりではうんざりします。

あなたのユーザーがどんなツイートを見たいのか、どんなツイートを期待しているのか。
それを常に意識して、ツイートしましょう。

そして、ありとあらゆるところに、アカウントの案内すること。
店舗があるところは、店舗に、営業している人は名刺に、会社のパンフレットやブログやホームページにも表示する。
「Twitterはじめました」とか「Twitterやっています」とか「Twitterフォローしてください」など、告知することです。

Twitterのアカウントは@〜を入れるだけで大丈夫です。
(ボクの場合だと「@exmascott」だけ)

コミュニケーションの場だということを意識しよう

そして、これが大切なことですが、コミュニケーションすること。
SNSというのは、交流が目的です。
だからTwitterでも、他人のツイートをRT(リツイート)したり、「いいね」をしたり、ユーザーをリストに追加するなど、コミュニケーションをすることです。
発信ばかりではなく、交流しましょう。
そうすると、あなたのフォロワーも増えていきます。

あとは、しっかりと考えてやっていくと、わかってきます。
あなたらしいツイートをして、お客さまと関係性を築いていくと、あなたはツイートが面白くなります。
面白くなるまでが、時間がかかる場合も多い。
だから、飽きずに懲りずにつづけていきましょう。
そうすると、Twitterが素晴らしいマーケティングツールになります。

ともかくやってみる、ダメだったら変えればいんだから。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現在募集中のセミナーや講座

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・リアル開催 7/3(水) 「ショート動画で伝える力を手に入れよう! 」エクスマ トークセッション

1日も早く、ショート動画を活用してほしい!今ならまだ大丈夫。
そんな思いで、急遽、開催することにしました。

トークセッションは少人数制で、僕が一方的に話すだけでなく、参加者さんの相談にも乗ります。
ショート動画だけでなく、SNS全般やマーケティングの相談全般を受けます。
皆さんとトークを楽しみながら、グループコンサルのような形式です。

ここから詳細を見てね

・7月18日(木)塾生限定リアルセミナー『エレメントE』映画で知るアメリカの光と影

ビジネスパーソンは、世界史を学ぶといいと思う。
膨大な人類の経験が凝縮されているから。
今は、戦争や紛争、地球温暖化など、世界規模での問題が山積みだしね。
世界はすべてつながっているから、どんなことでも必ず日本にも影響を及ぼしている。
だから、過去知ることが、今を知ることにつながる。

世界史を学ぶことは、今の世界で何が起きているのかを、理解することに繋がり、世の中の成り立ちがわかってくる。

詳細はここから見てね

・エクスマ塾 コンテンツリニューアル中

AIの台頭、不安な社会、ますます世の中は予測不能な変化を迎えるでしょう。
エクスマを学んでいると、どんな時代になっても怖くない。

・塾生限定「エクスマ学院」

これから「超・個人の時代」になっていく。
あなたの「好きなこと」「得意なこと」を仕事に生かして、世の中や人々に貢献する時代。
それは「自分らしさ」で競争から抜け出すと言うこと。
完全なる「独自化」です。
そのために、教養やリベラルアーツを学ぶことです。
そうでなきゃ、AIに仕事を取って代わられるか、人々から選んでもらえなくなる。
今こそ教養を楽しんで学ぼう!

美術、音楽、歴史、AI、文学、哲学、宗教など、幅広い興味を持つための講座です。
5/21、6/18、7/23
9/17、10/22、11/19
毎回火曜日 13時から1730
【ここから詳細を見てください】

 

・藤村正宏のメルマガ

「エクスマ マガジン」<無料>です。

【藤村正宏のメルマガの登録はこちらから】


・講演依頼

オンラインでもリアルでも講演の依頼は大歓迎です。
社内研修、業界団体、勉強会、なんでも気軽に依頼してくださいね。 

【講演依頼はここから】

・エクスマショップ

僕がデザインしたエクスマオリジナルアイテム、Tシャツやパーカーなどを売っています。ここだけでしか買えません。一度見に来てね。

【エクスマショップ】

SNS活用エクスマ思考今を読む
藤村 正宏をフォローする
タイトルとURLをコピーしました