物質的な貧困は ほとんどなくなった|今いちど「経済」の意味を確認しておこう

こんな時でもファンを抱えている店は安泰

今日から首都圏一都三県が『緊急事態宣言』下に入る。
緊急事態宣言の元での生活が始まります。

飲食店は午後8時までの営業になったり、テレワークによる出勤7割減、イベントの人数制限、午後8時以降の外出の自粛、等々。
春の緊急事態宣言よりも、かなりゆるい感じです。
学校関係は影響ないし、ライブや演劇や映画が中止になるわけでもないから。

感染拡大を抑えつつ、経済にも配慮している様子が伺えます。
飲食店には、非常に苦しいことを強いるわけです。
補助もしっかりしてもらいたいです。
でも、緊急事態宣言が出るということは、人が外に出なくなるので、飲食店だけでなく、小売業も、観光業も、サービス業全般が痛手ですよね。

経済は物質的な豊さを実現した



それでも、常連やファンを抱えている店は、大丈夫です。
新規の客に頼らないで、おなじみさんとの関係性を紡いできたところは、今は苦しいかもしれないですが、いずれ復活します。
いかに愛されて、いかに応援してもらえるかなんだと思う。
特に、これからの時代は、そうなっていく。

現代的な意味での経済とは?

時々セミナーや塾で「経済」の意味を、お話しすることがあります。

経済の語源は「民」です。

「世をめ、民をう」

ということ。

昔は、この済うというのは貧困からの救済のことでした。
貧しさのために、食事がまともに食べられない、住む場所もない。
そういう民がたくさんいたわけです。
それを救うってことだった。

それを目的に、日本はものすごくがんばって、たくさんの物を作り、あり得ないほどの経済成長率で、世界の経済大国になりました。

そして、とうとう極度な貧困はなくなりました。
物質的な豊さはもう実現したのです。
ほとんどの人が飢えて死ぬこともなく、物は豊かになった。

経済の役割が変わったってことです。

人の心に寄り添うビジネスを

これからの経済は、物質的な豊かさを求めるのではなく、精神的豊かさを実現する段階になっている。

そんな時代に、どういうビジネスが生き残るか。
それを考えること。
そして、そのためには創造力がなければならないってこと。
もっともっと、人の感情に敏感になって、人の感情に寄り添い理解することなんです。

人はどういうときに楽しいと感じるのか。
人はどうしたら感動するのか。
人が面白いと思うものは何か?
人が本当に求めている目に見えないものは何か?

売れる企業と売れない企業、選ばれる商品と選ばれない商品、支持される店と見捨てられる店が明確に分かれるでしょう。

人々は物質的な豊さではなく、心の豊さ、精神的な豊さを求める。

これからは心を豊にしてくれる商品。
つながりや帰属意識を満たすコト。
豊かな時間を過ごせるようなサービス。
そんな精神的なことに対する消費が増えていくでしょう。
まさにエクスマの考え方が有効になっていくのです。

 

「モノ」を売っているか?

「体験」を売っているか?


です。

あなたの商品サービスをもう一度見直してみてください。

そのために、ぜひオンラインエクスマセミナーに参加してください。
今月1月25日月曜日、午後8時から2時間。

新春セミナーは1月25日

今年はどんな一年になるのか? これから世の中はどうなっていくのか?
そのヒントになる新春セミナー。
今回はオンラインでやります。
2021年1月25日(月曜日)午後8時からです。

今日(2021年1月8日)の時点で250名以上の参加申し込みがあります。

詳細は以下のブログから読んでください。

【2021年オンライン エクスマ新春セミナー 1月25日(月)午後8時から
向かい風でも前へ進める帆を掲げよう!】

2021年  オンラインエクスマ塾101期募集

オンラインエクスマ塾、参加者募集しています。

新しい社会に対応できる会社になるために
新しい世界に適応できる人間になるために
新しい経済で生き残るために

ぜひエクスマ塾に参加してください。


詳細と申し込みはこのブログから見てくださいね。
企業の経営者だけでなく、フリーランスの個人の方の参加も大歓迎です。

オンライン エクスマ塾101期の募集中 変わりゆく環境に適応し、変化し続けるために(100期は満席になりました)

オンラインになったおかげで、今までスケジュールが合わないなどの理由で参加を躊躇っていた経営者の方々も参加してくれています。
ぜひ、今年こそはエクスマ塾生になって、エクスマのコミュニティに参加してくださいね。
あなたの参加をお待ちしています。

 

The following two tabs change content below.
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました