美容師は仮面ライダーの夢を見るか?|同じ趣味の人は通常の3倍のスピードで仲良くなれる理論

同じ趣味の人は通常の3倍のスピードで仲良くなれる

ボクの高弟でもある、美容室専門コンサルタントの平松泰人くん(まちゃ)の理論でおもしろいものがあります。
それは
「同じ趣味の人は通常の3倍のスピードで仲良くなれる理論」
これを聞いときに納得した。

彼は仮面ライダーとかガンダムとか、スターウォーズとかが好きだということを機会があるたびに発信している。
著書の表紙だって、仮面ライダーに変身した自分のイラスト。
よほど好きなんだな〜って伝わるんです。

(この本はここで買えます)

平松くんは美容室がメインのお客さまです。
美容室のスタッフ向けにセミナーをやったり、美容室の個別コンサルをしたり、全国を飛び回っている。
あるとき、初めて会う美容室オーナーさんと打ち合わせをしているときのこと。
そのオーナーさん、仮面ライダーが大好きだということ。
ふたりで大盛りあがりに盛り上がった。
あっという間に意気投合して、仮面ライダー好きの美容室は平松くんのコンサルを受けることになった。
そのときに「同じ趣味の人は通常の3倍のスピードで仲良くなれる理論」に気づいたのです。

「だから、ブログやSNSに、自分の好きなことや趣味のことを積極的に発信することが大切なんです」
平松くんがセミナーでいつも言っていることです。

【平松泰人くんのブログ】まちゃの美容室専門「販促の教科書」

コンテクストが共通

エクスマ的SNS活用方法というのは、「関係性」です。
たくさんの人たちと「関係性を作り出す」ということです。
あなたの発信に「共感」や「共苦」をしてもらうことが最大の目的。

そのために、趣味のことを発信する。
最近はまっている好きなことを発信する。
それはとっても大事なことだと思う。
そうすると、近い趣味、同じ趣味を持っている人とは、通常よりも早く仲良くなれるわけです。
あらかじめコンテクスト(価値観や世界観)を共有しているからです。

これは趣味だけでなく、たとえば出身地や卒業した大学が共通している場合などにも起きることです。
コンテクストが同じだと、普通より早く仲良くなれる。
関係性が近いところからスタートするから。

仕事のこと以外発信してはいけないと思っている人がたまにいますが、そんなことはありません。
TwitterやFacebook、ブログであなたの日常をたくさん発信しましよう。

「日曜日に美術館に行ったりする人なんだ」
「フランス映画が好きみたい」
「ジャズのライブによく行ってるな」
「まだ小さい子供がいるんだ」
「エスニック料理が好き」
「マラソンしている」

などなど、日常を発信していると、見ている人は親近感を覚えるのです。

仕事以外のあなたをもっと出しましょう。
つながりの経済になりつつある現代、関係性を構築することが一番重要なことなのですから。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする