SNSのつながりが信頼になる|エクスマ塾でSNSに力を入れている理由

「個人のSNSアカウントは削除してください」という企業の話

昨日は東京のエクスマスタジオでエクスマ塾82期でした。
SNSの活用をグループに分かれて、どういう発信をしたら共感を得られるのかをブレストしました。
今日もこれから83期の塾です。

SNSはビジネスに必須だということをずっと発信しています。
だからエクスマ塾でも、ずいぶん時間をとってSNSのコンテンツをやります。
なぜなら、SNSは関係性を構築しやすいし、お金がかからないし、SNSをやっていることが資産になる、そう思うからです。

エクスマ塾82期のグループワーク

先日、面白い話を聞きました。

ある大手サービス業。
その会社に内定している大学生さんの話です。

彼女はミス○○(この○にはにある都市の名前が入る)に選ばれた美人さんです。
だからファンもけっこうな数いるわけです。
Twitterのフォロワーも2000人くらいはいる。

内定が決まった時に、言われたそうです。
「学生時代に使っていた個人のSNSのアカウントを全て削除してください」
大胆な指示です。
暴挙と言ってもいいくらいです。
彼女はその会社に入るために、全てのアカウントを削除したそうです。

ま、なんとなくその理由はわかりますけどね。
でも、時代の風を感じることができない・・・
バカな会社です。
バカな経営者です。
こういう会社の未来は、かなり暗いだろうなって思う。

僕が経営者だったら、Twitterのフォロワーが多い大学生を優先して採用する。
もちろん、どんな人たちとつながっているかは確認するけどね。
単純に考えると、彼女が入社してくれたら、2000人の人たちに、情報を無料で告知することができるのです。
さらにSNSに慣れ親しんでいるわけですよ。
会社にとって、とってもプラスになりますよね。
だいたいSNSの担当者に困っている企業が多いのですから。

これからはSNSの中での信頼が重要になる

この間の記事
『人生の半分はネットの中という時代になる』
の中でこういうことを書きました。

これからのビジネスパーソンは、スマホ(デバイスはもっと違うものになるでしょうけど)を使いこなし、SNSでコミュニケーションしなければ、社会人になれないんだろうと思うのです。

特に、SNSの存在は大きい。
個人がSNSの中で存在し、つながり、そのつながりが広がっていき、そのつながりが、その人の「信頼」になっていく。
どれだけの人とつながっているのか。
どういう人とつながっているのか。
SNSの中でどう評価されているのか。

本当にこういう時代になっている。
さらに加速度をつけてその傾向は高くなる。
SNSでコミュニケーションできなければ、ビジネスで成功できない。

そんな環境になっていくのです。
そしてその「つながり」が、あなたの「信頼」になっていく。
違う言葉で言うと、SNSをやっていない人は、信頼されないってことになる。

ビジネスにおいて、信頼というのは超がつくほど大切なものです。
その信頼が得られないってことは、成功することも難しくなる。
そう言い切ると、反発を買うかもしれませんが、そうなるだろうなって思うのです。

「そんなこと言っても、FacebookやTwitterが衰退したらどうなの?」と思う人がいると思います。でも大丈夫。
FacebookやTwitterが衰退したとしても、別のSNS的なものが登場しているはずです。
もはや人類はSNSでつながるってことを捨てられないのです。

いずれSNSの中でしかビジネスは存在しなくなるかもな。
そんな妄想をしていました。

現在募集中のエクスマセミナー

現在募集中のエクスマセミナーは以下です

今月、4月13日のエクスマセミナー
詳細と参加表明は以下の記事を見てね。
4月13日大阪エクスマセミナー|常識に囚われないこと(残席わずか)

来月、5月15日のエクスマセミナー
5月15日(月)エクスマセミナー in 東京|楽しいか楽しくないか、それが問題だ!
(募集開始したばかりで余裕あります)

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする