今年は「縁」が大切な年です。良い人間関係を目指しましょう

人生の悩みの多くは「人間関係」

人生の悩みの多くは、人間関係にあるというのは、納得しますよね。
ボクなんかは、あまりないですが(時々、家人との関係が悪化することがあるけど;笑)、人間関係の悩みって、誰だってあると思う。
家族や親戚、友人、仕事関係、地域近所の人たち、学校・・・

特にSNSが普及して、たくさんの人の情報が見えるようになった。
さらにリアルやSNS上で、好きな人とも苦手な人とも、時間を共有するのが頻繁になった。
そんな時代には、多かれ少なかれ、人間関係の悩みというのは多くなっていくと思うのです。

そこで人間関係の悩みを少しでも減らすために、ボクが日頃意識していることを紹介します。

寒空に、けなげに咲いていた椿
花がない時期に嬉しいです

人はみんな自分とは違う

あなたに関わる人は、みんなあなたとは違うということを認識することです。
性格や価値観、考え方、モノゴトの捉え方、すべて違うのです。
そんな人たちが、自分目線で判断していると、「あいつは嫌な性格だ」とか「どうして私に合わせくれないのだろう」とか不平不満がたくさん出てきて、相手を避けたり、相手に苦手意識を持ってしまいます。
そのうち喧嘩したり、絶交したり・・・

感覚の違いは、いくら話し合っても、いくら言い合っても、変わることはありません。
それを我慢していたら、どんどん負担になり、どんどん嫌いになったりする。
逆にそれを責めてみても、不満が募って行くだけです。

自分が変わるしかない

良い人間関係にするためには、相手を変えるのではなく、自分が変わること。
これ以外はありません。
ボクの塾生さんにもいますが、見た目はヤクザの親分のようにめっちゃ怖いけど、話してみるととっても柔らかくて、面白くて、優しい人がいます。
やっぱり塾生さんにいるのですが、おとなしくて、あまり話さない、何を考えているのかよくわからない人でも、こちらから心を開いて話してみると、とってもユニークで楽しい発想をしている。

先入観や見た目、思い込みで判断するのではなく、優しい関心、温かい関心を持つことです。
そうすると人の良いところがたくさん見えてくるものです。
そのためには、聞き上手になることです。
誰でも否定されたり、話を聞いてもらえないのは、気分が良くありません。
まず、相手の言葉に耳を傾けて「そう言う考え方もあるのね」「私の話も聞いて」と伝えたら、会話が続き、理解できるようになる。
そして信頼関係も生まれ、深めていくことができる。
コミュニケーションがとっても大事なのです。
コミュニケーションと言うと、話が上手な人のことだと思うかもしれませんが、そうではなく、聞いてあげる、聞き出すことがコミュニケーションなのです。

あなたが開けっぴろげに関わることです。
カッコつけたりせず、「素の自分」で関わること。
どう見られるかとか、上に見られたいとか、そんなことを思わず、素直な自分を出すことが大事なんです。

人間関係は、常に自分の心がけです。
相手の視点に立ってみる想像力。
相手の気持ちを感じる感性。
人を思いやり、心が通い合う、そんな人間関係を目指しましょう。

2018年最初のセミナー「新春セミナー」

たくさんの人との「縁」が大切です。縁がたくさんできるエクスマセミナーに来てください。
新刊本も参加者の皆さんに、発売前にプレゼントします。

2018年1月26日 エクスマ新春セミナー 東京

【新春セミナーはここから参加表明してください】

2月7日の大阪セミナーも「新刊出版記念セミナー」です。

エクスマ塾も募集中

エクスマ塾生さんたちと「縁」を深めるため、エクスマの仲間になりましょう。
影響力が高く、活躍しているエクスマ塾生さんともっと関わってください。
そのためにはエクスマ塾生にならないとね。

詳細はこのブログで見てくださいね。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする