ビジネスで成功するために一番必要な能力とは?

感じの悪い店員のいる店では買いません

ビジネスで成功するために、どんな能力が必要ですか?
もしそういう質問をされたら、
「人から好かれる能力」って答えます。

どんなに仕事の能力が高くても、人から好かれないような人とは仕事したくないし、仕事を頼みたくない。
どんなに素晴らしい商品を売っていても、感じの悪い店員からは、買いたくない。
どんなに美味しいラーメンでも、怖くてイライラした店主のラーメン屋では食べたくない。

そういうことです。
これは今も昔も同じことですが、特に現代社会では、これが大切になっている。
どうしてかというと、ソーシャルメディアが発達したことで、個人の人柄がよくわかるようになったから。

たとえば、ある特定の人のツイッターを継続的に見ていると、人柄が浮き上がってきます。
「こういうことが好きで、こういうのが嫌いなんだな」
「会ったときには穏やかそうに見えるけど、実はけっこう激しい人なんだ」
とかね。
短い文章なので、別の人格を演じ続けるのがむずかしいんでしょうね。

フェイスブックも、特定の人の発信や反応を見ていると、人格や嗜好がわかります。
「会うと優しくていい人なのに、意外と意地悪で腹黒い人なんだ」(笑)とか。
「当たり障りのない記事にはいいねするけど、こういう記事にはいいねしないんだ。こういう内容の発信は嫌なんだな」とか。
「この人とこの人が仲良くて、この人とこの人は仲が良さそうにしているけど、そうでもないんだ」とかね。
面白いです。

そして、リアルで会った時とSNS内でのふるまい、どちらが本物かというと、
多くの場合SNSのほうが本物なんです。
だから「会うといい人なんだけど、SNSの発言では嫌な人だよな」っていう場合は、その人の人柄は「嫌な人」なんですよ。
だって、リアルで会うときには、気を遣うし、作っている場合も多いですよね。

ある意味、ネットの中の人格は、かなり本質が現れてしまうと思う。
そういう人柄が透けて見えてしまう時代に、好きになってもらうってことがとっても大切なことになるんです。

「共感」がキーワードになる

好きになってもらうためのキーワードが「共感」なんです。

あなたが、ターゲットになる人々に、有益な情報や役立つ情報を発信し、交流することで、そこに「共感」が生まれやすくなります。
そして、共感が生まれることで関係性が深くなっていくのです。
ソーシャルメディアが普及した現代社会、この「共感」がとっても大切になってきます。

ボクのエクスマ塾生さんで、エクスマスタッフもしてくれている、アパレルメーカー「株式会社ピーアイ」の奥ノ谷社長。
<短パン社長のブログはこちら>

フェイスブックとブログで、毎日たくさんの人と交流しています。
その交流の中で、新しい商品を開発しました。
スエット素材のボーダー柄の短パン。
そして、この夏。
この商品を、ブログで紹介して、Facebookで告知しました。

こんな感じで投稿しました

こんな感じで投稿しました

そうしたところ、20時間で、12000円の短パンが完売しました。
用意していた157着が一回の投稿で完売です。
販促費はゼロ。
高額なECサイトも作らず、キーワードの設定やSEO対策もせず。
これはまさに「あなたがいいっていうのなら、買うよ」という関係性を作り出した結果なのです。

ソーシャルメディア社会は、そういった消費がとっても多くなっているのです。
フェイスブックで売込みばかりしている企業があります。
自分の目線で、自分の情報ばかり。
それは、効果がありません。
効果がないどころか、嫌われるという逆効果になってしまいます。

そんなのリアル社会で考えたらわかりますよね。
いつも自分目線で、売込みばかりする人は嫌ですよね。
それより、いつも面白い話をしてくれる人、知らないことを面白く教えてくれる人、あなたと共通の話題で盛り上がる人、あるいはあなたの話を面白がって聞いてくれる人。
そういう人とは時間を共有していて、とっても楽しいですよね。

それが「共感」するってことなんです。

人々が共感する情報っていうのは、その情報で生活が楽になったり、問題を解決したり、よりよい人間関係を築くことができたり、自分が他人によく見られることであったりと、常に自分にとっての良い情報なのです。
企業視点の情報ではないってことです。

あなたがあなたらしい情報を発信することで、「共感」が生まれるのです。
まず「共感」を作り出しましょう。
そして、たくさんの人たちに、好きになってもらうのです。
それがものすごく大事なことなのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする