エクスマ 的思考法|商品と考えるのではなくサービスと考えてみる

商品ではなくサービスと考えてみる

モノを売っている人は、それがサービスという形態にできないか考えてみると面白いことができるかもしれません。

大学生の頃、東京築地の花屋さんでバイトしていた。
普通のバイトより時給が高かった。
花屋といっても、小売はほんのわずか、ほとんどは配達です。
それも配達の70%くらいがお葬式でした。
ボクもたくさん葬儀に配達しました。
時々は開店祝いとか結婚式とかお祝いの花を届けることもありました。

そんな仕事の中、週に一度、近所の歯医者さんに花を届けることがあった。
その歯医者さんと花屋が契約していて、毎週切り花を届けるというサービス。
花のセレクトは店にお任せ。
歯医者さんは季節ごとの花を待合室に活けることぎできた。
たぶん金額は週に千円くらいだったと思う。
集金にも行ったことある。

毎週新しい季節の花が届く

このサービスは、選ぶのか面倒、プロのセンスに任せたい、買い物が面倒、いつも花がある、忘れない、毎回買うより安い、などなどのメリットがあったはず。
花を売っているのではなく、違うことを売っていますよね。
待っている患者さんに気持ちのいい空間、癒される空間を提供することで、患者さんをもてなしている。
当然、歯医者さんの株は上がりますよね。
その花屋さんは、もしかすると歯医者さんのイメージアップを提供していたのかもしれません。

この花屋さんのサービスは、もう40年くらい前の話ですが、今トレンドになっている『サブスクリプションサービス』といってもいいかもしれません。

サブスクリプションサービス

サブスクリプションサービスとは、提供する商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式。
「定額制」と同じ意味で使われることもある。
例えば、アマゾンプライムの音楽やビデオ、NetflixやDAZNの映像配信サービス。
アマゾンだったら年払い、Netflixだったら月額です。
定額料金を支払えば、音楽をどれだけ聴いても、映画やドラマをどれだけ見ても自由といった利用形態です。

最近、こういうサブスクリプションサービスが増えていて、トレンドになっている。

商品も音楽や映画、オーディオブックなどの定額制の他。
毎月、服やバッグをコーディネイトしてレンタルしてくれるサービス。
幼児の成長に合わせ、知育玩具を毎月レンタルしてくれるサービス。
様々なサービスが登場してきました。
そしてそれはスマホのアプリ1つで契約できるのが特徴。
物を所有したくない人が増えているのかもしれませんね。

あなたの商品を物ではなくサービスとして捉えて、今一度考えてみましょう。
何か、面白い展開が思いつくかもしれません。

エクスマ塾であなたの未来を作ろう!

エクスマ塾では、SNSを使ってお客さまとつながること。
自分ではなかなかわからない、自分の独自の価値を追求すること。
そして、それをどのように発信するか。
などなどのカリキュラムを通して、あなたが輝く未来を創り出すサポートをしていきます。

あなたが変化を起こす側にいることです。
どうせなら傍観者になるのではなく、未来を作り出しましょう!

以下から詳細をみてください。

【2018年エクスマ塾全コース募集中】

エクスマセミナー予定

現在募集しているエクスマセミナーです。
以下から詳細を。

4月10日(火曜日)大阪エクスマライブ
【顧客ではなく、ファンをつくれ!】

もうすぐ募集しますが、今後のエクスマセミナーの予定です。
今からスケジュールに入れてもらえたら、嬉しいです。

【5月17日(木曜日)東京】
【5月21日(月曜日)札幌】
【6月13日(水曜日)大阪】
【6月28日(木曜日)豊橋】
【7月17日(火曜日)東京】
【8月23日(木曜日)大阪】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする