AIに代替される仕事をしないように

作業は全てAIに代わる

3日間連続で、東京のエクスマスタジオでセミナーをやりました。
かなりエネルギーを使うことですが、とても楽しかった。
エクスマ基本セミナーの中で少しAI(人工知能)のことを話しました。

スタジオセミナー

今、AIに代替される仕事は、どんどんAIになっていきます。
この大きな流れは、止めることはできません。
実際に今、NHKの人工知能アナウンサー「ヨミ子さん」は結構上手に原稿を読んで可愛らしいし、掃除機だってロボット掃除機にAIが搭載され、ものすごく賢くなっています。掃除という作業も人がしなくていいようになったきました。
銀行も加速度をつけて人からAIに業務を移しています。いずれ銀行員という職業はなくなるかもしれないくらいです。

人を雇うよりもAIやロボットの方がコストが安く、正確で真面目だから。

作業という仕事は代替されていきます。
将来的には、人間がしなくていい仕事はほとんどAIやロボットがやってくれる。

AIに職を奪われる?

そんな話を聞いて「まずい、AIに職を奪われる」と思わないこと。
もしそんな危機感を持っているのなら、すぐに捨てるべきです。
職を奪われるのではなく、人間しかできない面白い仕事ができるって考えてみましょう。
自分の代わりに、作業をやってくれるってこと。
AIとロボットが働いてくれている間に、好きな仕事ができるってことです。

村上春樹さんのデビュー作『風の歌を聴け』の中にこんな一文があります。

もしあなたが芸術や文学を求めているのならギリシャ人の書いたものを読めばいい。真の芸術が生み出されるためには奴隷制度が必要不可欠だからだ。古代ギリシャ人がそうであったように、奴隷が畑を耕し、食事を作り、船を漕ぎ、そしてその間に市民は地中海の太陽の下で詩作にふけり、数学に取り組む。芸術とはそういったものだ。
夜中の3時に寝静まった台所の冷蔵庫を漁るような人間には、それだけの文章しか書くことはできない。
そして、それが僕だ。
<村上春樹:著『風の歌を聴け』ー講談社文庫p.13より>

そんな古代ギリシャ時代のようになるんだというように考えてみましょう。
とてもいいと思いませんか。

これからの世の中は、AIを使いこなす人とAIに使われる人に分かれていくでしょう。
もちろん、これを読んでいるあなたは、AIを使い、仕事を効率化して、創造力あふれた仕事をしてほしい。
そのためには、もっと自分を磨いて、あなた個人、あなた自身に価値をつけ、共感してくれる人を少しずつ増やしていくことです。

エクスマ塾について

エクスマの仲間に入りたい人
もっと仕事を楽しみたい人
あなたに共感してくれる人を増やす「SNSの活用」を身につけたい人
影響力を持ちたい人
ファンをつくりたい人

エクスマ塾をおすすめします。
7月スタートの東京塾の案内は以下です。
【92期 エクスマ塾 東京案内ページ】

今年一年のエクスマ塾の予定は以下から

【2018年エクスマ塾 ページ】

【募集中】誰でも参加できるセミナー

以下から詳細を。

【5月17日(木曜日)東京】

エクスマセミナー in 東京 5月17日(木)
<テーマ>経営者の役割は社員のモチベーションを高めること

【5月21日(月曜日) 札幌セミナー】

差別化するな!独自化しよう! エクスマセミナーin札幌

他はもうすぐ募集しますが、今後のエクスマセミナーの予定です。
今からスケジュールに入れてもらえたら、嬉しいです。

【6月13日(水曜日)大阪】
【6月28日(木曜日)豊橋】
【7月17日(火曜日)東京】
【8月23日(木曜日)大阪】

 

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする