話題の音声SNS「Clubhouse」は居酒屋のライバル?

Clubhouse使っていると時間の過ごし方が変わる

Clubhouseはすごい盛り上がりでしたね。
ここのところ、少し落ち着いてきているように感じますが、あまりにも急激にブームになったから、毎日の時間の過ごし方が変わった人が多いでしょうね。

僕も、あっという間に、世界が変わった感じがする。
色々なルームに入り、ながら聞きしながら、ためになる話、面白い話、つまらない話などを聞いていると、なんか寂しくない。
たとえばつまらない話であっても、誰かがリアルに何かを話ているという状況は、安心感があったりする。
というか、知り合いの会話を近くで聞いている感じがいいんだな。
逆に面白い話だと、ながら聞きできない。
それに集中するから。
それはそれでいいけどね。

僕も色々と試しています

 

Clubhouseがブームになった原因は、色々とあると思う。
その中の一つは居酒屋感覚ってこと。
新型コロナの自粛期間中に、居酒屋や飲み会などに行けないのが寂しいっていう人。
生活が物足りないっていう人。
人恋しい人。
そんな人は多いと思う。僕もそんな一人です。
そんなタイミングに突然現れたClubhouse。
軽いモチベーションで、気軽に参加できる。
雑談が中心で、構えなくてもいい。
ながら聞きできるので寂しくない。
人々は雑談に飢えていた。もしかすると、居酒屋のライバルになるかもしれませんね。

Clubhouseの特徴

Clubhouseの特徴

音声だけのSNS
音声が主役で、今までのSNSにあるような反応ができない。
いいね!があるわけでもない、テキストメッセージ機能もない。
だからユーザは、自分のトークルームを告知するためには、他のSNSでシェアしなければならない。
確かに僕が最初にClubhouseを知ったのは、TikTokからだった。

音声が主役で、大勢でも話せる。
先日は僕とスタッフ5人での話を公開していたんだけど、まるで普段のスタッフミーティングでした。
それを100人くらいのオーディエンスが聞いている。すごい不思議。内輪話を全公開してるみたいな感じ。
「とても面白かったです。スタッフのミーティングっていつもあんな感じなんですか?」って感想もらって、あんな感じのトークでもいいんだなって思った。

ライブ性
タイムラインに、トークルームが流れてくる、アーカイブはない。
その場限りのトーク。
録音もできないし画像とかもコピーしてはダメ。
ライブをとても重視しているわけです。

だから一度入ると、退出するタイミングが難しいこともある。
ルームを出た後に、なんか面白い話になっているかもしれない。
それを聞き逃したくない。
そんな感じ。

完全招待制
最初のうちはユーザ1人につき知人2名しか招待できないというのがレギュレーションでした。
だから乗り遅れまいと言う焦りに、みんな必死になって招待してもらいたいと言うサインを出していた。
そんな条件だから、ゲーム性もあったわけです。
実際にやってるうちに招待枠がどんどん増えていく仕組みになっているんですけどね。

Clubhouseはどうしたら楽しめるのか

とりあえず、2週間くらい実際に使ってみて、新しいライブメディアだなって思う。
なんか新しいエネルギーを感じる。
でもね、早くもクラブハウス疲れとか、つまらない、などど言った言葉を耳にするようになった。
まだ始まったばかりなのにね。
そう判断するのは早すぎるんじゃないかなと思った。

確かにどんなSNSも向き不向きはあると思う。
でもそれって、ある程度使ってみないと判断できないでしょ。
なんとなく楽しい、楽しくないかで、使う、使わないを決めるのは娯楽としての使い方。
ビジネスの視点でみれば、可能性を探りながらいかに楽しむかが重要になってくるでしょう。

僕もゆるめのトークルームを立ち上げて楽しんでいる。
テキトーにやっているわけではなく、僕も楽しんで、聴いてくれる人もリラックスして聴いてもらえるような内容がいいかなって感じでね。
夜型なので夜遅くの配信だし、仕事で頭が疲れている人が多い時間だからね。
配信する時間によって聴いてくれる人は違うはずだから、いろいろと試してみたいけど、今は午後11時頃やるのが心地良い。

Clubhouseの可能性や、ビジネスへの応用など気づいたことを、また書いていきます。
まずはClubhouseに触れてみて、楽しむところからですね。
なんでもそうですけど、自分が楽しまなきゃ、活用なんてできないからね。

2/27午後8時エクスマ塾生限定セミナーはClubhouseのこと

エクスマ塾生限定のセミナー「エレメントE」
2月27日(土曜日)午後8時から10時までです。
「スコットと一緒に考える今とこれから」
主なテーマ
・藤村正宏&スタッフは今をどう捉えているのか
・Clubhouseを含めたSNSとの向き合い方
・Clubhouseのビジネスの可能性
・参加している塾生さんとの意見交換
ZOOMミーティングによるセミナーで僕とスタッフの座談会形式でやります。エクスマ塾生さん限定の案内です。ミーティング形式なので100名まで参加可能です。
参加費:税込3,300円。
Clubhouseを始めていなくても大丈夫!
これからはじめたい方は参加されると招待制の枠もゲットしやすくなると思います。
みなさんの参加を楽しみにしています。
【2/27塾生限定セミナーエレメントE参加申請フォーム】

2021年  オンラインエクスマ塾101期募集

オンラインエクスマ塾、参加者募集しています。
新しい社会に対応できる会社になるために
新しい世界に適応できる人間になるために
新しい経済で生き残るために
ぜひエクスマ塾に参加してください。

ビジネスとかは関係なく、単純に、僕と仲良くなりたいって言う人も大歓迎です!

詳細と申し込みはこのブログから見てくださいね。
企業の経営者だけでなく、フリーランスの個人の方の参加も大歓迎です。
オンライン エクスマ塾101期の募集中 変わりゆく環境に適応し、変化し続けるために102期以降の日程も出ています。

オンラインになったおかげで、今までスケジュールが合わないなどの理由で参加を躊躇っていた経営者の方々も参加してくれています。
ぜひ、今年こそはエクスマ塾生になって、エクスマのコミュニティに参加してくださいね。
あなたの参加をお待ちしています。

 

The following two tabs change content below.
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました