悲壮な顔のビジネスパーソンを、私は信用いたしません

楽しく仕事している人が集まっている

この4日間、エクスマ塾合宿を、伊豆長岡温泉でやっていました。
『はなぶさ旅館』です。
エクスマ塾82期、83期と、初回でした。
今年からは初回は合宿になっています。
これは実にいい。
みんな楽しそうだり、長い時間を共有するから、距離感が近くなる。

82期昼間の講義

参加してくれている人は面白い人たちばかりです。
というか、この場にいるとみんな個性的で面白い部分が出でくるんだと思う。
真面目な人や硬い人も、本当は仕事を楽しみたいって思っているんです。
だって、人生の多くの時間を費やすことですから。
楽しい方がいい。あるいはやりがいのある方がいい。
イヤイヤ仕事をしている人からは、モノを買いたくないですよね。

83期夜の質問タイムとトークショー

太宰治の作品から見るビジネスの真理

太宰治ってわりと好きな作家です。
ちょっと破滅的で自堕落、無頼な感じ。
薬物中毒、女性関係、自殺願望・・・ある意味乱れきった私生活。
でも、作品は素晴らしいと思う。
没落貴族の女性を主人公に、滅びゆく美しさを描いた『斜陽』。
自伝的な要素が濃い『人間失格』。
『ヴィヨンの妻』『走れメロス』などなど・・・若い頃からよく読んでいました。
物語の裏に隠された人間の「業」や「真理」が織り成されている。

太宰治が書いた、短編小説『おさん』の女性主人公がこういうことを言っています。

革命は、人が楽に生きるために行うものです。
悲壮な顔の革命家を、私は信用いたしません。

この小説は、好きな小説です。

妻子のいる家庭から、愛人のもとに通う夫を冷めた目で見る、妻の語りという重いテーマですが、なぜか面白い。
結局、革命だの何だのと大仰なことばを並びたて、浮気相手の女と心中した夫のことを
「つくづく、だめな人だと思いました。」
「悲しみとか怒りとかいう思いよりも、呆れかえった馬鹿々々しさに身悶えしました。」
と、冷めた視点で語る妻。
その最後の部分で、この言葉が出てくる。

でも、それは「本音」ではない。
何か、説明のできない裏の裏にある、「真理」が文章の端々に感じられる。

いい小説です。

これを読んで、ビジネスと一緒だなって思った。

ビジネスとは、人が楽に生きるために行う物です。
悲壮な顔のビジネスパーソンを、私は信用いたしません。

こんな感じですかね。
忙しい、忙しいと言っている人や、つまらなそうに仕事している人、心がこもっていない人などは、ビジネスが上手くいかないよな。
そう思うのです。
だからいつも上機嫌で仕事したいよね。
面白がること、楽しむこと、やりがいを感じること。
それが大事なんだな。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする