あなたの生活や日常を発信すること|エクスマ的SNS活用

つながりの経済では、SNSも「個」を出す

SNSは何のためにやるのか。

SNSをマスマーケティングに捉えて、販促するツールだと考えないほうがいい。
そういう企業もたくさんありますけど、それが先に立つと、危険です。

エクスマ的SNS活用の目的は、関係性の構築です。
たくさんの人とSNSでつながって、関係を作り出すことです。
だから「個」を出すことがとっても大事なんです。

「個」というのは、あなた個人ということ。

あなた個人、あなたの生活や人柄をたくさん発信すること。
お休みの日に美術館に行くんだとか、ゴルフをやるんだとか、村上春樹の小説が好きなんだとか。
あなたの生活や思考、日常的なことを発信することが大事です。

日常を発信する

日常を発信する

Facebookの個人と企業、発信のちがいは?

特にFacebookは、まず、企業のFacebookページより、個人のほうにエネルギーを使うこと。
会社のFacebookページを発信する専任の人がいるのならいいですが、Facebookページと個人ページを同時にやらなければならない経営者とか士業の人は、個人のほうを優先するほうがいいと思う。

Facebookは、実名の個人と個人のつながりが基本ですから、あなた自身の個人を出すことが大切です。
たくさんの人とつながって、あなた自身の人柄を理解してもらうことです。
特に経営者や社長、ビジネスリーダーは顏を出して発信すること。
SNSが普及している現代、経営者の顏が見えない会社の製品は買わないという人がけっこういます。
この傾向はますます顕著になっていくと予想される。
経営者の人柄が企業の業績に影響する時代だってことです。
個人でたくさんの人とつながり、信頼を得てから、あなたの会社のFacebookページを紹介する。
そうすると、売込みにならない。
手間がかかりますが、この順番が大切です。
あなた個人が SNS上で信頼され、共感されることを第一に考えること。
それが「関係性」を作るためには、大切なことなのです。

だいたい関係性っていうのは、会社とは作りにくいものです。
関係性というのは個人と個人の方が作りやすい。

ボクは飛行機に乗るときには、ANAを使うようにしています。
昔から応援している企業です。
でも、ANAのことは好きですけど、ANAとは仲良くなりたいとは思いません。
でも、ANAで働いているCAの大原さんとは仲良くなりたいと思う(笑)。
そういうことです。

個人を出すと独自の価値になる

あなたは世界にひとりしかいない貴重な存在です。
だからあなたが個を出して発信したら、それは世界で唯一の発信なのです。
商品もあなたが勧めることで、あなたが勧めている○○という、独自の価値のある商品になるのです。
個人を出した発信。
人柄を出した発信を心がけることです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする